口だけ出す人 じゃまな人

大変だ!どうする気だ!えらいこっちゃ!と 人の問題に首をつっこんで騒ぎ恐怖心をあおる人は何もしてくれない。

会社でこんな先輩がいる。
後輩が その先輩の担当のお客さんからのクレーム対応をしていても その人は聞こえないフリをする。
けれど後輩が本人のお客さんからのクレーム対応をしていると なぜかとんできて 口出しをするのです。

何故そんなことをしたんだ!えらいことだ!そんなことはしてはいけない!

と部署違いで関係ない立場なのに 口出しし騒ぎをおおきくし 、ただでさえミスで焦ってる後輩は泣きそうです。

たいてい きちんと対応し謝ればなんとでもなるものを、その先輩は世界の終わりかのように騒ぎ立てます。
その割に その対応の手伝いはせず 対応している人に 困ったでしょー大変やったねー(迷惑だったよねと愚痴を引き出そうとする)と言うだけ。

おめーが一番迷惑なんだよ!と横からツッコミたい。

しかし子育て中はこうゆう人によく絡まれます。

〝お母さん〟をやってると 何か言いたい人のターゲットにされることが多すぎる。
他人に面と向かって悪口言えない 喧嘩もできない自称 善良な市民(笑)でも、子どもをダシに批判したり文句言ったりはしやすいんですな。

あなたがそんなだから子どもがあんなになる!
子どもの事考えてないの?
子どもがかわいそう!
あなたのこどもが心配。

こーゆー事言ってお母さんを不安にさせる人はたいてい何も手伝ってくれません!
不安煽られてしんどくなったお母さんは、子どもに微笑んであげることができなくなる。

助けずに口だけ出して批判してすっきりいい事した気になってる人は 単に邪魔な人なだけです。

話まともに聞いたらアカンでマジで!!

(わたしはまともに聞いた上でガチで抗議し 喧嘩したこと 疎遠になったことが 何度もあるけどね!!)

子どもは金の足枷

日本においてお母さんとは、金の足枷をはめられた奴隷のようなものです。 それはとても大きく価値があり財産であるとともに ...