クズの嫁は できた嫁か

小二男子がつくような嘘をつく営業がいる。


  わたしに間違いを指摘され、「Aさんがそう言ったから」 としれっと答えるのだが それを電話で聞いている私の隣にはAさんがいる。
わたしが電話のあと隣に声をかけたらすぐわかる嘘なのだ。
それなのにその場を取り繕うために息をするように底の浅い嘘をつく。

調子はいいがすぐキレる。
その場にいない人の悪口ばかり言う。
そして自分が舐めていいと思った相手には高圧的。

皆 彼に本気で指摘したり 嘘を追求することはない。逆ギレしたり 陰口の的になるのが嫌だから。

しかし 女性社員の中での評判はやはり悪く、その営業の話になった時……

「あれでも二児の父なんだから驚くよー あんな嘘ばっかついて偉そうな父親とか最悪じゃん?」
「有り得ないっすね。生理的にもう無理です!」
「奥さんどんな人なんだろ?考えられない……」
「きっと、よっぽどできた奥さんなんですよ」

えっ(゚∀。)?
 
クズ野郎の嫁は できた嫁なの!?((((;゜Д゜))))
 
 
 
どうゆうこと!?
 
クズな旦那にも耐えて仕えることができるのはできた嫁!?
それとも
こんなクズでも愛せる人格のできた嫁!?
ごめん!! その発想はなかったわ!!

そして、壊れてることに気付かず 自分の中で正当化されたその価値観を自分の優秀さを認めさせたくて他人に押し付けてくる人は多い。

でも私は、こんなクズを選ぶ女は見る目がねーなぁークズに耐えて仕えるのは、しかもそれを正当化するのは愚かだなぁーと思ってしまう。
それを できた嫁 と表現することには全身が嫌悪感で震えた。

  嫌なもの おかしな奴 理不尽なこと 、それらから身を守るために逃げたり戦ったりするのは賢さだ。
それらに耐え忍ぶことを美徳とする価値観に取り込まれたくない。

  ネットで
「日本人は偉そうなクズを大事にするクセをやめないと」
って文を見た時 それだ!って膝を打った。
偉そうなクズに耐え忍ぶ愚か者がいるから クズがいつまでも偉そうなんだよ。
クズは自分が皆の優しさまたは愚かさで大事にされてる とは思っていない。
自分が偉いからだと思っている。
それがクズほど偉そうにする所以である。
ダライラマを見てみてほしい。一番偉いとされている存在なはずなのに あんなにスマイリー好々爺だ。
家庭や職場でこういう偉そうなクズをつけあがらせられては困る。

そうゆう〝できた〟人たちのせいでクズ様は自分のご機嫌をとらない私に
 「おまえ、何やねん その偉そうな態度は?あぁ!?と、輩口調でつめよるにまで増長した。

この年までマイノリティとして生きてきた者の、人から絡まれる場数を舐めないで欲しい。
メラメラと立ちのぼるラオウの如く気迫で言い返し、2度と絡まれることは無くなりましたとさ(⌒∇⌒)

※(ラオウは漫画『北斗の拳』に登場する架空の人物)