クズみたいなライフハックにイラつきます!

 ネット、カスみたいな記事おおすぎぃ~!!

ネット記事を見ていると、おや!?どれどれ?と見てみたくなる ライフハック記事がある。

本や漫画からたくさんの生きるための術を手に入れてきた(その最大のものがフェミニズムとACの概念)私は、活字から有益な情報を得れることを信じているところがある。
もっと自分の 知らない有益な知識を得たい(しかも手軽に!)私には、隙間時間にアクセスできるスマホからのネット記事はありがたい。

しかし、どれどれ?と読んでみるライフハック記事は、そのあまりの薄っぺらさに失望することのほうが多い。

読みやすく、対話形式にしたり画像付けたり引用したり体験を語らせたりしているが、一見記事の体裁を整えているだけで一通り目を通してしまったら読んだ時間が惜しくて

「そんなもん知っっっっとるわ!!!」

と怒りで叫ぶような内容。

なんだろ これらうっすうすの記事って広告の一環なのかな?と 最近は見出しや画像の雰囲気だけでその薄さを察知し、最後まで読んで時間を無駄にすることも無くなったのですが、

このあいだ

職場でかかっているラジオでDJに紹介されている美容アドバイザーが「肉膳のススメ!女性の美と健康にお肉を食べよう」「お肉のタンパク質は血液を作り女性の美容にとてもいいんです!」とか言ってるのを聴いた。

知っとるわ~~!そんなもん義務教育で習っとるわ~~!

カスみたいな情報、ネットだけじゃなくなってますよ。

こんな義務教育や、なんなら家庭で教わってるような常識を専門家みたいな顔で話されるのここ数年増えてる気がする。

私が年老いて知識が増えたからそう感じるの?

「マスコミ報道やインターネットなどに触れる機会が少なく、情報の入手において不利な環境にいる人」をgoo辞書では情弱と呼んでいますが、こんな情報をなんちゃって専門家やネットから入手せないかんことのほうが真の情報弱者の増加を示していて問題じゃないですかね?

わたしこんな記事よりよほど有益なライフハックいっぱい持ってるぞ!

春だから、新社会人に伝えておくべき有益な情報だよ!いいですか!心に留めておいて下さいよ!

「仕事関係で友達でもないのに下の名前で呼んだり変なニックネーム付けて馴れ馴れしくしてくる奴は 男でも女でもたとえ自分に優しくても警戒しておけ!」
(モラハラのハラッサーである可能性高いから!)
 
 

以上だ!