ユニ・チャーム「生理で彼氏困る」タンポン動画について思ったこと

生理中の女の子に彼氏はこんなことを気にしてる!

といったTwitter広告の動画内容が炎上しましたね・・・・・・ 動画はすぐに削除されていましたが私も見ました。

それに関する記事↓
「やたらとトイレに行くから待ってる間が寂しい!(Tさん・24歳)」などのアンケート結果を紹介していました。

何でも生理中はしょっちゅう彼女がトイレに立って 寂しい とか
旅行の予定に影響する とか
そしてタンポンあればそんなことで彼氏を困らせることも無くなります!とか
とにかく彼氏目線でタンポンを買わせようとしてるところが 昔からタンポンユーザーの私には 違和感ありまくりでした。

そ、そんな理由で選ばんて!(笑)
つーか そんなしょっぼい彼氏ほんまにおるん?

しかし 広告会社のお偉いさん達に男性が多く 全ての広告の最終GOは男性が出し、男性には女性や女の性に対して幻想と願望が強くあります。
女性に対する性的な幻想や願望(エロいファンタジー)を守るため女性自身が、性を語ること 生殖を自分のものとして語り扱うことを嫌います。 女の性を男のためものとして見てるところがある

だから生理用品まで「彼氏のために・・・・・・」って視点になる。

生理という 子宮が収縮し毎月内壁を剥がして血液として流し出すその痛みを 男の人がわからないのは仕方が無いこと。

それを生身の女性に語らせない社会(はしたない 下品と言われたり、または性的な目線で見る)だから 、実際どれほどの負担かもわからないまま。

恋人や家族は本来とてもプライベートで親密な関係のはずなのに、お互いの身体や健康面のことをわからないまま 勝手な幻想押し付けあうのは変です。
お互いの体を労りケアしあえないのに なぜそれが親密な関係と言えるの?

そう思ってわたしは 息子が小さい頃から、生理の時は 
「女の人には月に1回おまたから血がたくさん出てしんどい日がある」
「その時はお母さんもしんどくて動けないから、なぐもお手伝いしてね」
と毎月しんどいことを伝えてきてます。
生理用品も昔から隠さずにトイレにドーンとあるし部屋に転がってます。

小さい頃は、その 血がたくさん出る と言う言葉がインパクトあるらしく心配してくれました。
今は 生理中でしんどい時はそれを宣言して、ご飯作るのやめて冷凍食品食べてもらったりしています。

家庭内で母親が 女性の身体と健康のことを教えないでいると 社会はそれを語らせずに 性的なものでばかり 女の身体を語るため、 幻想や願望ばかりが強化してそれをまた社会が女性に押し付けてくるので 甚だ迷惑です。

家庭内の性教育は大切!子ども本人の将来のためにも、そう思います。