スカートが自転車に巻き込まれて倒れた話

  その人のスカートは春色で、 危うげに舞っていた。

五月の爽やかな朝日の下、私の目はその春色にくぎ付けになった。
ノミほどの心臓の私は声をかけようかかけまいか、どんな言葉ではなしかけたら彼女が微笑んでくれるのか、50mばかりさりげなく後を付いていきながら考えていた……。

   陳腐な物語風に始めてしまった。
こないだの出勤時の話なんですけどね。毎朝私20分ばかり自転車こいで通勤してるんですよ。このへん学生やら勤め人やらの自転車が多くて。一番我が物顔にぶっぱなしてるのが自転車。いつか接触事故起こしそうだなーって心配しながらチャリチャリチャリチャリ走ってるんですが。

  その日も例によってたくさんの自転車と抜きつ抜かれつ走ってたんだけど、目の前を軽い素材のフワフワしたロングスカートの奥様が優雅に自転車こいでる。そのスカートのひらひらが気になってしょうがない。
数年前からシフォン素材の透けた軽い素材のロングスカートよく見るんだけど、あれ自転車危険だからほんとうにやめたほうがいい
  私10年くらい前にスカート車輪に絡まってコンクリートに叩きつけられたことあるから……。
しかも二回……。

  一回目は山の上にある団地からまだ4歳くらいの息子なぐを後ろに乗せて、出勤のため急な坂を滑走してる時のこと。
ふわっふわの天女の羽衣かよ!ってくらい柔らかい白いスカートは風ではためいて、滑走中の後輪に巻き込まれた。坂道の途中 ギ、ギャ!ガッ!と変な音をたてて車輪は回転を止め、絡まったスカートごとバシーーーン!!!と自転車は勢いよく転倒。後ろに乗せていた息子は道に放り出され転がっていき……私はスカートのせいで自転車と同化しており自転車ごと倒れたまま立ち上がることもできません。
幸い周りには集団登校する子供たちと 見守り役のお母さんが。すぐにかけよってきてくれて 自転車と一体化している私を見て即座に家にハサミを取りに行って来てくださり、わたしと自転車の分離を手伝ってくれました。。゚(゚´Д`゚)゚。アリガト?!
  びっくりして泣くのも忘れてるなぐと、痛いし恥ずかしいし遅刻決定で半泣きのわたし……。
切り刻まれた天女の羽衣スカートは女ターザンの腰ミノみたいになって、着替えないことには電車に乗れそうもない。
ので、会社に遅刻の電話しながら家まで帰りました。
   ……しかし擦り傷くらいで済んで良かった。子供は体が柔らかいせいか 傷一つなかったし。もし車が来てたりしたら、親子共々死んでました……。よかった。わたしは運がよいぞ。

  そして ここからがわたしの ど馬鹿 なところなんですが、またやったんですよネ!

ふわふわのスカートをはいて自転車

  こんどは 息子を保育所に送り届けた後、駅まで平地を走っているところでした。
ギ、ギガッ、ガガッ!バターーーン!

……あ!前やったやつや! 
とその瞬間思い出しました。遅いですね。 学習しなさすぎ!あんなに痛い目にあったのに!

またしても自転車と私はぎっちぎちに絡まったスカートで一体化。
道端によよ……と倒れ込んだままでしたが、そこに通りかかった 30代後半の爽やかなサラリーマンがかけよって来てくれて スカートの惨事を見て 通勤途中にもかかわらず「これは…ハサミないと無理ですね。家に取りに帰ってきます!」と助けてくれました。
。゚(゚´Д`゚)゚。みんな優しいぃ?

またしても会社に遅刻の電話を入れながら着替えに帰ったのでした。

   そんな痛い目に二度もあったことから、ふわふわのスカートの人が自転車乗ってるの見ると気になってしょうがない!
あっ あっ からまるっ!たおれるっ!
てヒヤヒヤする。

   で、冒頭の奥様と自転車でしばらく並走しながら、(次信号に捕まったら声かけようか……変な人として思われるかな……いらんお世話かしら……)とチラチラ見ながら悩んでたんですけどね。
結局信号捕まらずそのまま別れちゃいました。

あー 何事もなければいいけど。あー 心配だよー。
と15分くらいモヤッてました。

  替わりにここで書いて 不特定多数の方への注意喚起になれば良いなと思いました(笑)

モヤッとが解消した!みんなも気をつけてネ!(´>∀<`)ゝ