どこで求人をみつけたか?面接うける予定の3か月前から求人を探し出す(2018年12月~)

ちーす!

仕事初めて数日で、自分のログインパスワード忘れて上司に

マジで……!?

て顔されたPC音痴のわたくしあおですよ。

きいてえ-!毎朝4つもログインせな仕事始められへんねんでー?

休憩もランチもいちいちストップウォッチ付けていかなあかんねんでー?

マレーシアの緩い空気ガン無視のさすがのグローバル企業すわ……。

ちかごろのマレーシアはドリアンのおいしい季節に入ったらしく、そこかしこでドリアン売られてます!

RM50=約1,300円でドリアン食べ放題のコーナー! 
元取ろうと思ったら丸まる2つ以上は食べなあかんよ!素人は行くんじゃないぞ!

ランチタイムに上司に紹介された韓国人の別チームの男性が、

「ドリアンは四回食べないとわからないよ!」

て言ってたんだけど、そう、

一回目 なにこれ!?やば……!(もったいないけど捨てる)

二回目 やっぱくっさあ!……味は確かにあまいけど……無理!これ以上は無理!(涙目で食べ終える)

三回目 あれ?前より食べれる!あまーい!クリーミ!うん、好きな人がいるのもわかる(たくさんは無理)

四回目 うんめー!ドリアン好き~!(1/2個ですこし物足りない)

自身にこんな変化を感じました。いまではそこらで漂うドリアン臭にも平気です。(◦`꒳´◦)ドヤ

さて、そんなマレーシアに、英語力0特殊スキル0の中年OLがどうやって転職、移住できたのかについて最近は書いています。

(その他は、機能不全家族や、シングルマザーとしての子育て、格闘技クラヴマガ、同性の恋人ゆまちゃんとの出会いについて過去記事にたくさんありますのでチェックしてね)

今回は、

移住予定を2019年4月半ばに設定したわたしが、いつ、どのように第1希望のペナンに求人を見つけたのかについて書きます。


わたしの今回のお仕事はTwitterで見つけました!

前回のブログでも書いたんだけど、たいていは英文CVを準備したら、海外転職サイトに登録して希望する条件の求人を探していくと思います。

私も転職予定の2019年4月の半年前、2018年の夏にはいくつかの登録をしていました!
しかし……自分の希望する情報を入力↓↓↓

・英語初心者
・特殊スキルなし
・事務職、顧客対応希望
・マレーシア、ペナン島

したら……、

「ご希望の求人はありません」


「ベトナム、タイ、マレーシアならKLであればあります」

といった反応がほとんど。 なので求人紹介メールは希望以外の国のものが毎日届いていました。

がしかし、

結局はわたしはそれらを通さずにTwitterからエージェントさんにつながったんですよね!

手順① まず目当ての国に住んでるアカウントをたくさんフォローしよう!

「海外転職したい!マレーシアで、それもペナンにいきたい!」

と決めた2017年の夏からは、努めてマレーシア在住の人のアカウント、また転職に関してつぶやいているアカウントをフォローしてました。

そうすると、ただタイムライン見てるだけで現地の情報がはいってきます。

転職に関わる情報、マレーシアのビザや税金、政策の現状がリアルタイムで知ることができるのは本当にありがたかった。

実はわたしはマレーシアと同時に、ゆまちゃんの移住希望国、オランダやアイスランドに住んでる人のアカウントもフォローしてました。

でもね~ マレーシア以外のそれらの国に住んでいる人はたいてい現地の人と結婚していたり、フリーランス(なんの?いつもその辺が疑問)だったりで、


わたしみたいなスキル0の日本人 が、日本語ネイティブってだけで職を得て移住しているパターンがまず見当たらなかった。

(まずそういった仕事は業務委託企業の日本人顧客相手のプロジェクトなので、日本より物価の高い国には当然ない)

うざがられない程度(一回のやり取りのみ)に、「その国で日本人の仕事はありますか?」

と質問させてもらったりしたけれど、

「ここにのってるかも?」と現地の日本人商工会的なHPを紹介されるくらいでした。(ちなみに求人情報はその時は皆無)

しかしマレーシアにかんしては、こちらから何を聞きに行くまでもなく、日本人を必要としてる求人ツイートが折に触れ、流れてくるんですよね……!

そして、タイミングよくTwitter友達が見つけてシェアしてくれた ツイートで、Junnaさん @msialifejp のマレーシア就職事情説明オフ会に参加! 詳しくはこちらの過去記事どうぞ↓

  行ってみたい国、住みやすそうな国はもちろんいろいろあるけれど、私たち日本人にとって一番高いハードルは、まずは国外に出て生きることだと思う...

 そこで、わたしのような特殊スキル0の中年でもマレーシアで働ける具体的な職種について教えてもらえました。  一層マレーシアで働く未来が手の届くところに……!

ちなみにわたくしあおのTwitterアカウントはこちら
女女カップル あおとゆま  です!マレーシア転職の日々のリアルをめっちゃつぶやいてっから、フォローしたら色々見えてくるよ!(良くも悪くも現実がな!)

手順② 求人についてツイートしている人にDMで情報をもらう!

Twitterで目当て国マレーシアの日本人アカウントのツイートを見ていると、いくつもの

「マレーシアで働きたい日本語ネイティブの方いませんか??場所は〇〇、給与は〇〇位、必要条件は〇〇です!興味ある方DM下さい」

といった求人を目にしました。そして、


気になる求人ツイートを見かけるたびに、DMで話かけてはお話を聞いてみてました。

(今チェックすると6人の方々とDMしていた)

そこでのやり取りは、だいたい共通していて 、

・働き出せる日にちを聞かれる→ 今すぐにでも面接受けることができて1か月後には入社できる状態がベスト


・担当エージェントさんの連絡先、企業の人事部担当さんの連絡先をもらう → 転職用の事務的なメールアドレスを作っておくとよい


・英文のCVをメールの添付ファイルにて渡す→ 個人情報なのでここが1番躊躇するところ

注意:ここは完全に自己責任になります なぜなら悪用目的のTwitterアカウントが偽求人でエージェントを紹介すると言って履歴書を送らせることもできますよね? わたしはたまたまそんな目に合わなかっただけで、いくらでも悪用は可能でしょう。履歴書、英文CVなどの個人情報をどう扱うかは個人の責任の下でお願いします。わたしはその後のことには責任を負えません。

はい! ここで分かると思いますが、

よさげな求人を見つけてから、あれこれ準備はじめようとしても間に合わない! ですよね???

③ 数か月以内には目当ての国に飛べる状態に自分を持っていこう!

具体的に求人を探し出す時には、前のブログで書いていたような、英文CVの準備や面接のための英語の勉強はすでにやっている必要あり。

でもそれプラスわたしは、今の日本の生活を着々と片付けていってました(笑)

具体的には、

求人もまだ受けずなにも決まっていないにも関わらず、

・周囲に「4月には日本出るから!」と宣言

・働いている会社に「3月で辞めます」と退職届を出す

・引っ越す前提で身の回りの物を処分

・保険や年金や銀行その他の契約の見直し、変更手続き

これらをまるで移住がすでに決定したかのように進めた。
いわゆる 見切り発車 てやつです。(; ・`д・´)

これができる人は失敗も多い代わりに、成功するときは大きいという特徴があるのだけど、

今回のマレーシアでの転職という点ではとても有利でした。

他の国がどうかは分かりませんが、 日本のような新卒一括採用の文化がない海外では、一般的に 必要な時に必要なポストの求人が出るため すぐに働き出せる、というのは重要なポイントだと思います。

さて、そういうわけで、ほとんど目にしない第1希望希望ペナンでの求人を ギリギリ3月までは粘って探すつもりでした。

そんなわたしに、2019年1月福音が……!

TwitterのDMでもやりとりさせてもらっていたKL在住の Hiroshi Hanyudaさん@hanyudai_kl から

「勤務地:ペナン マレーシア 
就労ビザ・マレーシアまでの片道航空券支給
最終学歴:専門・短大卒業以上(ビザ発給のため)」

の求人の紹介をもらいました~~!!

♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚☆・。+゚*キタコレヽ(´∀`*)♪*゚+。・☆♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚

福音↓↓↓


Hiroshi さんから許可もらってDMを公開しています!

ここから、

担当のエージェントさんと繋がり(1/14)、

Skype面接を受け(1/28)、

二回の面接の後いくつもの筆記テストのスコアを提出し(2/7)、

すべて合格してから様々な必要書類提出を済まし正式なオファーレターを貰い(2/28)、

マレーシアにわたり働き始めるまで(4/15)、

一気に、第1希望のペナンでのBPO企業に合格するまでの流れに入りました。

※ Hiroshi さん @hanyudai_kl は今も同じくマレーシアの求人情報をもつエージェントさんと繋がっていらっしゃるのでマレーシア転職に興味がある人はフォローするといいかも!

準備し尽して前のめりに待っていると、夢が現実になる時は一気に動くんだなー!ってスピード感でした!

いつか叶えたい “夢” ではなく、

すでにそれが未来の予定として決まっているものとして、

心と環境を変えていく。

そうすると、

約束されていなかったはずの夢が現実の予定として向こうからやってくる。

そんな夢の叶え方(引き寄せの法則など…)をひとつ習得しました。

今後もこれを使ってガンガン夢を現実にしていってやる・・・!

今回はわたしが第一希望のペナンでの求人をどこで見つけたかについて、夢の叶え方と共に手順を追って書きました!

次回は求人も見つかっておらず、面接すら受けていない2018年の12月に、13年間働いていた田舎の中小企業に退職届を出した話について書きま~す。

いえーーーーい!!

最高に気分のいい瞬間だったぜえええええ☆☆☆おたのしみに~~~!(σ≧∀≦)σ(←自分がおたのしみなだけ)