性的に魅力的な身体でなくなる

ある日突然、ヒゲがはえた。

アゴとか 下唇の下の 清志郎が生やしてるようなやつが、ひよ っと唐突にはえた。
リアル ヒゲのOL。

わたしが女性と付き合い出したのは(厳密に言うと女性とセ〇〇スをしだしたのは)30歳をすぎてからだ。
1度女性と経験したら もうわざわざ男性とする必要性を感じなくなり(比べた結果です)、女性の肌にばかり触れるようになって数年。

(やだー!女とばっかりセ〇〇スしてイかせたりしてるから男性ホルモン増えちゃったのかしらー!やーだー!)とか思ってたら 、
トランスのRさんにサックリ
「加齢だねー。加齢で女性ホルモンが減って男性ホルモンが相対的に増えてるの。」って言われた。

……女イかせてたからじゃなかった。つまんないの。

今も油断したら、清志郎ヒゲとかアゴヒゲが1本 ひょこっと生えてるのに気づきます。

性的に魅力的な身体でいることを重視していた20代~30代半ばまでは こんなことショックで受け入れられなかったかもしれませぬ。
特に 若くないと見なされだす30代頭のころ(精神的に不安定になるため私は大人の思春期と呼んでいます)は、性的な存在でいることを自分に課していた。
当時は アザ、傷、虫刺され等で皮膚に跡が残ることすらナイーブになっていたものです。

今は習ってる格闘技のせいで 擦り傷 アザ は常時追加更新されていってる体ですが、性的であらねばならぬ!と思い込んでた時よりも体を自分のために楽しく使えてると思います。

そういや 裸に似合う髪型(ロングでウェーブのボリュームあるのがMyベスト)、 実用性の無いタイツやストッキングやガーター、就寝時もOKのファンデやマスカラやアイブロウを 手放したのはいつだったか……(笑)

筋肉増えたらおっぱいは減る!これだけは 泣ける!!
ロングのボリュームあるウェーブが私の中の ”裸に一番にあう髪型” ↓こんな